グローバー、コンシューマエレクトロニクスのレンタルモデルを拡大するため、負債ファシリティを2億5,000万ユーロに増強

0
68

e-スクーターを含む最新のコンシューマーテクノロジーに「従量課金制」のサブスクリプションを提供するベルリンを拠点とするスタートアップGroverは、Varengoldで既存の債務ファシリティを補充する、新しい「資産担保」融資契約を締結しました。総額2億5000万ユーロの銀行。

ドイツの会社がスケールアップ領域に入ったので、追加の資本は次の成長段階に燃料を供給するでしょう。具体的には、無名の支援債務投資家を介して、Varengoldの既存の5,500万ユーロの債務枠を拡大したものであり、Groverの商品範囲を拡大し、資産を購入するために使用されます。結局のところ、最新のガジェットを購入してレンタルするのは、結局、かなりの資本集約的です。

ドイツとオーストリアで事業を展開し、2020年に他の市場も立ち上げる予定で、グローバーはいわゆる「循環経済」の一部として自らを売り込んでいます。最新の家庭用電化製品を好むかどうかに応じて、アイテムの寿命の間に複数の所有者が存在する可能性があり、コスト効率が高くなる可能性があるため、より持続可能な消費形態を提​​供するという考えです。

大手家電量販店

Groverは、消費者を直接対象とするだけでなく、独自のWebサイトを介してサブスクリプションを提供するだけでなく、主要な家電量販店とも提携しています。これは、購入を検討していた商品を消費者がレンタルできるようにすることで、本質的にPOSファイナンスの形式になり、後で購入するオプションを選択できることを示しています。

同社は現在、ヨーロッパの大手電子機器小売業者8社のオンラインチャネルと、ドイツ国内の500以上の実店舗に存在していると述べています。 2020年には、この市場開拓戦略に基づいて構築することを望んでいます。

さらに、グローバーはビジネス顧客からの継続的な需要に応えるためにB2Bの提供を拡大する予定です。また、将来のマイクロモビリティ車を柔軟な月次ベースで消費者が利用できるようにすることを目的として、eモビリティカテゴリの開発を継続するとしている。