米国特許は、2019年に記録された333,530を記録しました。 IBM、Samsung(FAANGではなく)が主導権を握った

0
108

知的財産権侵害をめぐって法廷に飛び交うハイテクジャイアントが関与するニュースのほぼ毎日のサイクルから進んだ可能性がありますが、特許は、企業や人々が彼らの進歩を測定し、彼らが行った仕事の周りに堀を作成する方法の主要な礎石であり続けますそれを将来的に収益性の高い企業に組み込むことを期待して。米国での特許活動を追跡する会社であるIFI Claimsは、そのテーマを強調する本年の知的財産活動の集計を発表しました:2019が米国特許商標庁から付与された333,530件の特許の新しい最高水準点を見たと述べました。

数字はいくつかの理由で注目に値します。 1つは、これが1年間でこれまでに付与された最も多くの特許であることです。もう1つは、これが1年前に比べて15%増加したことです。全体の数が多いということは、IPの保護に対する永続的な関心を物語っていますが、15%の急増は、特許番号が実際に(3.5%減少)実際に出願されたものの、まだ申請形態にある(許可されていない)ことと関係しています。 )これまで以上に大きかった。それから何かを引き出すことができる場合、ファイラーとUSPTOの両方が、特許の使用を全体として削減するのではなく、出願と処理にもう少し時間がかかっている可能性があります。

しかし、特許は別の非常に重要な点で全体像を語っていません。

つまり、世界で最も価値があり、最も知名度の高いテクノロジー企業が、提出された特許で最高の企業であるとは限りません。

いわゆるFAANGグループ、Facebook、Apple、Amazon、Netflix、Googleについて考えてみましょう。Facebookは989件の特許を取得しており、36位(最速の1つですが、まだトップ10ではありません)です。 Appleは2,490件の特許を取得し、7位につけています。 Amazonは2,427件の特許を取得して9位になりました。 Netflixはトップ50にはなりません。そして、Android、検索、広告の巨人グーグルは、2,102件の特許を取得しているだけで15位にある(そして、成長についての特別な言及はない)。

実際、最古のテクノロジー企業の1つであるIBMも最大の特許出願人であるという事実は、その点で皮肉なようです。

過去の年と同様に、正確には最後の27年間、IBMは付与された特許のトップポジションを維持し続け、年間で合計で9,262となりました。サムスン電子は6,469で、2番目の距離です。

繰り返しになりますが、これらの数字は全体の話をしているわけではありません:IFIクレームは、複数の部門にわたって提出される可能性のあるすべてのアクティブな特許「ファミリ」を考慮すると、Samsungが1位にランク付けされていると指摘しています(たとえば、Samsung Electronicsの子会社が個別に出願しています) )、現在までの特許の総数を数えます(今年提出されたものと比較して)。この点で、Samsungは76,638で、IBMは37,304の特許ファミリで2位です。

コンシューマーおよびエンタープライズ製品

その一部は、ビジネスを検討するときに説明できます。Samsungは、幅広い範囲の消費者向け製品およびエンタープライズ製品を製造しています。一方、IBMは本質的に数年前に家庭用電化製品市場から撤退し、最近では企業とB2Bに焦点を当てており、ハードウェアははるかに少なくなっています。つまり、その種のR&Dとそれに続く一連のファミリに対する優先度ははるかに低くなります。

追跡する価値のある他の2つの領域は、最大の変動要因とテクノロジーのトレンドです。

これらの最初のものでは、自動車会社がトップに上がるのを見るのは非常に興味深いです。 Kiaは58の場所をジャンプし、現在は41番(921件の特許)に達しています。自動車が次の「ハードウェア」である方法について考えると、接続された車両、自動運転、推進する代替エネルギーのかなりエキサイティングな段階に入っていることは注目に値しますそれら。

急成長を遂げている他の企業はHewlett Packard Enterpriseで、28位で48位(794件の特許)でした。 Facebook、22位増加して36位(989件の特許);マイクロンテクノロジー、9位から25位まで(1,268)、ファーウェイ、6位から10位まで(2,418)、BOEテクノロジー、4位から13位まで(2,177)、マイクロソフトは3位から3位まで4(3,081件の特許)。

テクノロジートレンドの観点から、IFIは5年間を振り返っており、ハイブリッドプラントの作成がトレンドテクノロジーのリストを上回り、次にCRISPR遺伝子が続いて、医療とバイオテクノロジーのイノベーションの強い流れが今、リストを駆け巡っています。編集技術、そして医薬品の準備(がん治療が主導)。コンピュータプロセッサの意味での「技術」は、ダッシュボードやその他の自動車関連技術を備えた4番から始まります。量子コンピューティング、3D印刷、飛行車両技術などもすべて搭載されています。

確かに、私たちがモバイル、インターネット、ストレートコンピュータテクノロジーの革新の休閑期にあるのか疑問に思っているなら、このリストを見て、その考えを立証してください。

当然のことながら、米国企業は、2019年に付与された米国特許の49%を占め、前年の46%から増加しています。日本が2番目に大きいのは16%で、韓国が7%(Samsungがその大部分を占めていると思います)、中国がドイツを4位にして5%を占めています。

International Business Machines Corp 9262
Samsung Electronics Co Ltd 6469
キヤノン株式会社3548
マイクロソフトテクノロジーライセンスLLC 3081
Intel Corp 3020
LG Electronics Inc 2805
アップル株式会社2490
フォードグローバルテクノロジーズLLC 2468
Amazon Technologies Inc 2427
Huawei Technologies Co Ltd 2418
Qualcomm Inc 2348
台湾半導体製造有限公司TSMC Ltd 2331
BOE Technology Group Co Ltd 2177
ソニーCorp 2142
Google LLC 2102
トヨタ自動車株式会社2034
Samsung Display Co Ltd 1946
General Electric Co 1818
Telefonaktiebolaget LMエリクソンAB 1607
ヒュンダイモーターCo 1504
パナソニック知的財産管理株式会社1387
ボーイング社1383
セイコーエプソン1345
GMグローバルテクノロジーオペレーションLLC 1285
Micron Technology Inc 1268
United Technologies Corp 1252
三菱電機株式会社1244
東芝1170
AT&T知的財産I LP 1158
ロバートボッシュGmbH 1107
本田技研工業株式会社1080
デンソーCorp 1052
Cisco Technology Inc 1050
ハリバートンエネルギーサービス株式会社1020
富士通株式会社1008
Facebook Inc 989
リコー株式会社980
Koninklijke Philips NV 973
EMC IP Holding Co LLC 926
NEC Corp 923
起亜自動車株式会社921
Texas Instruments Inc 894
LG Display Co Ltd 865
Oracle International Corp 847
村田製作所842
シャープCorp 819
SK Hynix Inc 798
Hewlett Packard Enterprise Development LP 794
富士フイルム791
LG Chem Ltd 791