OCR技術を提供するオーストリアのスタートアップAnylineは、1200万ドルのシリーズAを手に入れ、米国に向かいます。

0
111

ウィーンを拠点とする光学式文字認識(OCR)テクノロジーのプロバイダーであるAnylineは、開発者がWebサイトやアプリにOCR機能を組み込むために使用しており、シリーズAで1200万ドルの資金を調達しています。同社はまた、米国での拡大計画を明らかにした。

ラウンドをリードしているのは、ベルリンに拠点を置くVC事務所のプロジェクトAで、ヨハン「ハンシ」ハンスマン、セノーヴォ、ゲルノットランゲススワロフスキー財団など、エニーラインの既存の投資家が参加しています。

2013年に設立されたAnylineは、大手のテクノロジーベンダーが提供する準備ができていないという専門のOCRソリューションを提供しています。これにより、オーストリアの新興企業は、Canon、Porsche、E.Onなどの国際的なクライアントのポートフォリオだけでなく、各国政府や国連も取り上げています。

そのOCR機能は、最新のWebサイトまたはアプリに組み込むことができ、企業は、標準のモバイルデバイスを使用して、身分証明書、シリアル番号、ユーティリティメーターなどのさまざまな「アナログ」情報をスキャンおよび収集するために使用されています。

手動でのデータ入力を排除

このようなアプローチの利点は明白です。実際に機能する実績のあるOCR技術を使用することで、企業は手作業によるデータ入力を排除することで、時間とリソースの点で大幅な節約を実現できます。

顧客の観点から見ると、OCRを使用してアプリにデビットカードを追加したり、メーターの読み取り値を送信したりした人は、電話で長い数字を手動で入力するよりもはるかに苦痛の少ないエクスペリエンスを提供することを知っています。

Anylineは、新しい資本は主に人員を倍増させるために使用され、2020年初頭にボストンに最初の米国本社を開設する予定です。これにより、AnylineはモバイルOCRソリューションをスマート製造、KYCサービスなどの新しい国際市場および業界に提供できるようになりますとフィンテック、と同社は言います。

AnylineのCEO兼共同創設者であるLukas Kinigadner氏は、声明で「企業がますます仮想化する世界に移行するにつれて、以前のアナログ媒体をデジタル化することを可能にする高度なテクノロジーにアクセスできることが不可欠です」と述べています。

「ヨーロッパ生まれのテクノロジーは、世界中の企業が手入力によるエラー、非効率、フラストレーションを減らすのに役立つことを誇りに思っています。 Anylineは、モバイルOCRのマーケットリーダーになることにより、これらの課題を地平線で満たす必要があるテクノロジーパートナー企業になる計画です。」

一方、Anylineが計画している米国での立ち上げにより、Anyline Inc.が見つかり、Cognex Corporationの元グローバルセールスディレクターであるBryan Boatnerが新しい営業および事業開発担当副社長に就任しました。