Ubiquity6が実世界向けに構築されたスタジオエディターを起動

0
102

「Unityの時代は終わりました」とUbiquity6のCEOであるAnjney Midha氏は言います。 「それは未来ではありません。」

2019年は拡張現実の新興企業にとってはおおざっぱな年でしたが、Ubiquity6は、この分野におけるより優れた資本のプレーヤーの1つとして野心的なままです。 2018年、新興企業はBenchmark and Index Venturesから2,700万ドルの取引を完了しました。彼らは総額3750万ドルを調達しました。現在65人の従業員を抱える同社は、過去2年半にわたって秘密裏に営業しており、拡張現実向けに構築されたWebブラウザーの最終的なリリースを約束しています。

SFMOMAでの展示を含むいくつかの公開デモの後、Ubiquity6は先月、アプリのDisplay.landを公開ベータ版でリリースしました。このアプリを使用すると、携帯電話のカメラで3D空間をウォークスルーしてキャプチャできます。

同社の今日の大きな発表は、そのリリースをより適切なものにしています。彼らは、開発者や技術的に興味のある人がスキャンをデジタルとリアルをミックスした小さなゲームや3Dシーンに変えるのに役立つ種類のレベルエディターを構築しています。 Ubiquity6は本日、スタジオエディターの早期アクセスサインアップを開始します。

Ubiquity6は、改造者の間で人気を博しているFortniteやRobloxのようなタイトル用に作成されたリアルタイムエディターに対する消費者の関心の一部を獲得したいと考えています。このようなユーザーエクスペリエンスと、AR / VRジャンキーにアピールするニッチな現実世界のキャプチャを組み合わせることで、同社は、自分のプラットフォームで何が可能になるかを理解しているコミュニティに参加できることを望んでいます。

デスクトップとVR、

Display.landはスマートフォンを念頭に置いて構築されている可能性がありますが、Ubiquity6は、スタートアップの電話アプリが、Webを介して複数のプラットフォームで表示できる3Dコンテンツをキャプチャおよびデザインするクリエーターにとっての目的となることを期待しています。モバイル、デスクトップ、VRで会社のプラットフォームをデモしました。リンクをクリックするだけで済みました。アプリはまだ非常に実験的な感じがしますが、うごめく3Dの混乱として判明しない環境をキャプチャすることには、重要な学習曲線があります。

「この創造性の時代についての事柄は、何が十分なものかを決して知らないということです」とMidhaはTechCrunchにインタビューで語っています。 「100%の例では機能しませんが、「十分に良い」とは、実際に多数のユーザーに提供し、どこで役立つかを確認することでのみ得られます。」

新興企業の製品は初期段階にありますが、Unityのようなエンジンは多くのユースケース用に構築された巨大なものです。 Unityはゲーム以外のプロフェッショナルなユースケース向けに最適化しているため、開発者に追いつくのは複雑で時間もかかりすぎるとMidha氏は主張します。将来的には、同社のプラットフォームはより汎用的な機能を採用して、この新しい製品の要素に興味を持っているが、既存のエンジンと競合するより多くの基本レベルの機能を望んでいる開発者をなだめるだろうと彼は言う。

他のARの新興企業は、消費者から離れて、より受容的な企業顧客を見つけるようになりましたが、Midhaは、消費者の機会が活用されていないと感じています。 「私はビジョンが常に消費者であると思います」と彼は言います。 「あなたがその分野を信じて確信している場合、そのビジョンに妥協することは不公平です。」